マンション管理会社を見極める|時には見直しも大切

不動産の管理

男性

不動産を賃貸して収入を得る場合には、その賃貸している不動産を管理することが必要となります。この賃貸管理業務はさまざまな仕事があります。まず一番の大きな業務として、入金管理があります。これは賃貸管理の肝となる業務です。内容は各入居者が所定の日に家賃を入金しているか否かを確認し、もし入金漏れがあった場合には入居者に連絡し未納を防ぐというものです。これは毎月必ず発生する業務です。賃貸管理において入金管理がなぜ大事かというと、未収になればその分だけ貸倒のリスクが高まってくるからです。これは1ヶ月分ならすぐに入金が追いつくことができるかもしれませんが、数ヶ月分や1年以上未納がたまるとすぐに入金ができないことからも明らかです。次に大きな業務として入退去の際に、部屋の修繕を行うことが賃貸管理の大きな仕事となります。貸している部屋は使用と同時に劣化が起こります。たとえば、部屋のクロスはいくら掃除をしていてもやはり汚れてくる部分があります。こういった劣化の部分をどの程度リフォームするのか、また場合によっては部屋の大規模改装を行っていく必要があります。これらの判断を行い、業者の手配をすることが賃貸では必要となります。またほかにも、入居の際の部屋の備品の故障対応なども賃貸管理で発生する業務のひとつです。これらの業務をすべて自ら行うことも可能ですが、一部もしくは全部を不動産管理業者や仲介業者へ委託することも可能となっています。